NCEAについて

先日、11年生の学生にNCEAの説明をしました。

NCEAには、レベル1、レベル2、レベル3があり、その他University Entranceと呼ばれる、大学入学資格があります。それぞれのレベルについて、またUniversity Entranceの条件について、各教科の単位数の確認や将来の道に進むための入学条件などを一緒に確認しました。


教科選択や単位取得状況によってUniversity Entranceが取れない場合、いくら13年生を終了したからといって、ニュージーランドを含める多くの国で大学へ進学する資格がもらえない事になります。


日本の大学へ帰国子女受験を考えている場合も、最近はUniversity Entranceを持っている事が条件になっている大学も増えて来ています。


学校では保護者を対象にNCEAの説明会が行われますが、留学生は本人がきちんと把握が出来ていない場合が多く、エージェントのアドバイス、教科選択の相談、三者懇談への出席などがとても重要になってきます。せっかく一生懸命単位を取得しても、University Entranceの資格条件に一致している教科や単位数が取れていなければ、13年生になって進路を変えないといけないという可能性も出て来てしまいます。また、ほとんどの教科がレベル1→レベル2→レベル3と進んで行くので、途中で教科を変更するという事は難しく、11年生の初めの教科選択がとても重要になってきます。


弊社では、ガーディアンサポートの中にアカデミックサポートが含まれていますので、ニュージーランドの教育システムを熟知したスタッフによるサポートを受けることが可能です。また親子留学などで生活サポートは必要ないが、アカデミックの部分でサポートして欲しいというご家族を対象に、アカデミックサポートのみも提供しています。


是非、お気軽にご相談下さい。


YEARBOOK Limited / ニュージーランド留学 






YEARBOOK NEW ZEALAND

あなたの“留学”を叶える、ニュージーランド留学専門エージェントのYEARBOOK。 オーダーメイドでそれぞれに合ったスタイルをご提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000