Saint Kentigern / セントケンティガン

Saint Kentigernは3歳〜4歳が通うPreschool(幼稚園)、Year0〜Year8(5歳〜12歳)が通うBoys' Schoo (男子校) とGirls' School (女子校) 、そしてYear7〜Year13 (11歳〜18歳)が通うSaint Kentigern Collegeに大きく分かれます。今日はSaint Kentigern Collegeについてご紹介致します✨

1953年に設立されたこの学校は東オークランドのパクランガに位置し、敷地は約100エーカー(122417坪)と、一番の都市であるオークランドにありながら、とても広い敷地となっております。


私立の共学校ですが、Middle College(ミドルカレッジ・中等部)とSenior College(シニアカレッジ・高等部)に分かれており、Year7〜Year10(日本の小学校6年生〜中学校3年生)まではミドルカレッジに所属し、主要科目は男子・女子に分かれて授業を受けます。シニアカレッジからは男女一緒に授業を受ける事になります。Year12(高校2年生)からはIB(国際バカロレア)とNCEA (ニュージーランドの教育システム)のどちらかを選択する事が出来ます。


それぞれの建物が、理科、数学、言語、テクノロジーなど教科で分かれており、9年生以上の学生はそれぞれの教科ごとに移動をする形となります。どの施設もとても驚く程設備が整っていましたが、特に理科は化学・物理・生物それぞれのラボ(実験室)があり、さらにミドルカレッジにはミドルカレッジの生徒用のラボが用意されています。これは、シニアでは高度な内容を扱うため、安全面に注意をしなければならない薬品などがあり、若い学生さんの安全のためにも別々のラボを用意しているそうです。


テクノロジーの教科は、全てのテクノロジーが同じ建物内で授業が出来るようになっています。


学校の全体数は2000名と多くなっていますが、敷地が広い点、そして下級生専用のエリアなどもありますので、上級生に圧倒される事もなく学校生活を送る事が可能です。また、学校にはカフェが2つあり、これもそれぞれシニアとミドルの学生の専用となっておりますので、様々なところに気配りが見いだせます。

図書館を改築した、勉強スペースが多くある建物もありました。ここは、朝の7時〜夜の7時30分まで開放されており、週末や祝日も利用する事が出来るそうです。学校開始前や放課後、ここに集まって勉強をしたりグループワークをしたりする学生さんがたくさんいらっしゃるとの事でした。

スポーツ・文化活動も盛んで、ネットボール、フットボール、ホッケー、ラグビー、クリケット、ローウィングはそれぞれ、元オリンピック選手や元プロ選手がそのスポーツだけを指導するためにコーチとして採用されているそうです。

文化活動では、オーケストラを始め、様々な音楽バンドが多くの賞を取っていました。文武両道を大事にするために、部活動には必ず入るように推奨しているそうです。

この学校は留学生はホームステイではなく、寮に滞在する事になります。見た目はお家のようで、アットホームな環境作りをされているとの事でした。部屋は基本的に一人か二人部屋となり、寮の共有スペースであるラウンジには、ソファーなどリラックス出来る場所と、机が並べてあり勉強をする場所がありました。

入学時には英語力が求められますが、ご自身の英語力に合わせて、他の学校からの転校、語学学校との組み合わせなど留学のご提案をさせて頂きますので、是非お問い合わせ下さいませ。


国際バカロレアの資格を将来取りたいという方には特にお勧めなオークランド私立校です!


YEARBOOK ニュージーランド留学



YEARBOOK NEW ZEALAND

あなたの“留学”を叶える、ニュージーランド留学専門エージェントのYEARBOOK。 オーダーメイドでそれぞれに合ったスタイルをご提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000