ビザについて

親子留学をする場合、3ヶ月未満の短期留学は観光ビザ、それ以上の長期留学はお子様は学生ビザ、親御様はガーディアンビザ、もしくはお子様・親御様共学生ビザでの渡航が可能です。

観光ビザ

日本のパスポートをお持ちであれば、事前にオンラインで観光ビザの申請をするだけで3ヶ月まで滞在することができます。入国の際は、復路航空券(ニュージーランドを出国する航空券)が必要です。

オンラインでの観光ビザ申請についてはこちらをご確認下さい。

学生ビザ・ガーディアンビザ

3ヶ月以上ニュージーランドに滞在をし、お子様が学校に就学をする場合、学生ビザを申請する必要があります。

親御様は、お子様が17歳以下(もしくはYear13に所属をしている)場合ガーディアンビザを申請し、一緒にニュージーランドに滞在をする事が可能です。

 

ガーディアンビザの条件:

お子様と一緒に住む必要があります。お子様と一緒に滞在をする必要があるため、親御様だけ日本へ一時帰国をする場合はビザの条件を変更(Variation of Conditions)する必要があります。また基本的に就労はできかねます。

もしもガーディアンビザで就学をしたい場合はビザの条件を変更(Variation of Conditions)する必要があります。この場合お子様が就学をしている時間のみ就学の許可が出ますので、時間は午前9時30分〜午後2時30分に限られています。

就学は3ヶ月未満であれば可能です。ただ、13歳以下のお子様がいる場合は、ニュージーランドでは、法律で13歳以下の子どもを家に一人で留守番させることが出来ないため、「親子ともに学生ビザ」の項目の条件を満たすようにして下さい。

 

ガーディアンビザはお子様がYear13以下の学校に就学している限りは更新することが可能です。

ただし下記のビザには書き換えができかねますためご注意ください。

  • Essential Skills Work Visa

  • Specific Purpose or Event Work Visa

  • Student Visa 

 

詳しくは移民局のウェブサイトをご確認頂くか、お問い合わせください。

親子ともに学生ビザ

親子ともに長期でフルタイムで就学をする場合、学生ビザを申請します。

ニュージーランドでは、法律で13歳以下の子どもを家に一人で留守番させることが出来ないため、13歳以下のお子様で親御さまも就学をする場合(そして他にお子様の面倒を見る方が同伴していない場合)は以下の二つの方法があります。

①親子様の就学時間がお子様の就学時間内に収まるように調整をする

②コースの関係で親御様の就学時間がお子様の就学時間内に収まらない場合、ビフォアー・アフタースクールを手配する

 

親御さまが就学出来る語学学校一覧はこちらから。また、専門学校一覧はこちらからご確認下さい。

詳しくはお問い合わせください。