語学留学

A.K様

IMG_5518.JPG

留学開始当初

今振り返るとこの3ヶ月はあっという間で、たくさんの刺激を受け、様々な国の人と関わり視野が広がりました。

初日はホームステイ先に来てすぐにホームシックになり、なんで留学したんだろう、日本に帰りたい、3ヶ月も無理。と思いずっと泣いてました。朝学校行く時に泣いて、帰りのバスで泣いて、夜母と電話してる時に泣いて、自分でもびっくりするくらい涙が止まりませんでした。でも、涙が止まらなかったのは最初の3日間だけでした。せっかくの留学なのに、毎日泣いてたらもったいないと、気づきました。

IMG_5525.JPG
IMG_5521 2.JPG

学校生活

学校に行ったら、友達が出来て喋りかけてくれたり、お昼一緒に食べよう!と誘ってくれて、徐々に学校が楽しくなっていきました。英語も少し聴き取れるようになったので、辛かったのは最初の1週間だけでした。授業の面では、午前中のクラスは、文法や長文読解の授業がメインでした。日本である程度習った内容だったので苦戦はしませんでした。IELTS対策授業もあったのでよかったです。午後のクラスはスピーキングがメインでした。自分から沢山喋らなくてはいけなかったので、初めは本当にキツかったです。でも先生がすごい優しくて、分かりやすく説明してくれたり、時事ネタを扱った授業だったので楽しく学べました。

時事ネタの授業では、韓国と北朝鮮の関係など国際情勢について討論しました。国ごとで価値観や考え方が違う場合もありましたが、そんな考えもあるんだ!と、新しい発見をしたような気持ちでした。また外国の人は自分の意見を強く持ち、はっきり口に出すので、最初は少しびっくりしましたが、口に出さなければ相手に何も伝わらないと気づきました。クラスは多国籍の生徒で構成されていたので、一人ひとりがその国の代表になって討論している様な気持ちになりました。

金曜日の午後は授業がないのでアクティビティーに参加しました。スカイタワーに行ったり、アイススケートやボーリングをしました。授業の一環としては、ネットボールやサッカーをし、国籍、性別、年齢を超えてアクティビティを楽しむことができました。また他のクラスの友達と喋る機会が増え、新しい友達が出来ました。

休日の過ごし方

休日は、図書館で勉強したり、友達とビーチ、山、カフェなどに行きました。毎週日曜日の夕方は、ホストファミリーが教会に連れて行ってくれました。学校の友達とは、それぞれの出身国の料理を食べに行きました。私の友達は、日本料理を気に入ってくれたらしく、3回も日本食を食べに行きました。お互いの国の料理を紹介できたり有名な食べ物を知れてよかったです。また、オークランドはオシャレなカフェが沢山あるので、カフェ巡りをしました。アイスモカにハマり、行くカフェ全てでアイスモカを飲みました。ケーキなども美味しくテンションが上がりました。また行きたいって思えるカフェを沢山見つけることができました!

IMG_5522.JPG
IMG_5515.JPG

通った語学学校について

Campbellは少人数であるため、一人ひとりの発言が先生に届いたり、アットホームな学校でした。毎週月曜日はテストがあるので、自分がどのぐらい理解できたのか確認できました。また、日本人が他の学校比べて少ないので英語を学ぶ環境には最適でした。

日本人が居なくて最初は寂しかったけど、今では、いなかったこそ毎日が英語の生活で、スキルも上がったと思いました。Campbellを選んでよかったです。この学校を選んだからこそ、休日いらないくらい毎日学校に行きたいって思えたし、楽しく充実した留学が出来ました。毎日が冒険みたいで、時には挫折したりしたけど、そんな時、国や言葉が違くても助けてくれる人がいて、異国の土地に来ても1人じゃないんだなって感じました。またこの留学をしたからこそ、当たり前に思ってた家族の温かみに改めて気づくことも出来ました。初日は日本に帰りたくて泣いていたのに帰国の日は、日本に帰りたくなくて泣くなんて、初日には全く想像がつきませんでした。

留学を振り返って

YEARBOOK ニュージーランド留学さんは、留学前のサポートだけでなく、留学期間も現地でサポートして下さり、安心して生活できました。また、ホームシックになった時や悩みがある時は真摯に相談に乗って下さり救われました。この留学を通して、出会えてよかったって思える人に沢山出会えました。お昼一緒に食べてくれたり休日遊ぼうって誘ってくれた友達、分からないことを優しく教えてくれたクラスメート、いつも一人ひとりの生徒の事を考えて楽しい授業をしてくれた先生、美味しいご飯を作ってくれて、毎日話しかけてくれたホストファミリー。ほんとに人に恵まれた留学でした。

こんな風に楽しく過ごせたのも、今回の留学のお手配、現地サポートをして下さったYEARBOOK ニュージーランド留学の純子さんをはじめ、ホストファミリー、学校の先生や友達など、私と関わってくれた全ての人に感謝です。みんなに出会わなければ、分からなかった事、気づけなかったことが沢山ありました。みんなが私に沢山の、優しさをくれました。今度は、自分も誰かに優しさをあげられる人になりたいと、強く思いました。

この3ヶ月は私にとって一生忘れる事のない貴重な3ヶ月でした。
留学してよかったです!

IMG_5038.JPG